フッ素は、どのようにしてむし歯を予防するのでしょうか。歯が形成される時期にフッ素が作用すると、
フッ素はエナメル質と結びついて歯を丈夫にし、酸が溶けにくい抵抗力のある歯質を作ります。
また、歯が口の中に生えてきてからは、
フッ素は細菌に作用して、むし歯の原因となる酸の生成を抑制します。
さらに最新の研究では、①と②に加えて、
フッ素が酸で溶けてしまった歯の表面、すなわち、むし歯になりかけた部分をもとに戻す。
という仕組みが明らかになってきました。
わたしたちの歯の表面では、毎日、
むし歯菌がつくる酸で歯が溶ける
↓
唾液の中のカルシウムが付着して修復される
↓
酸で歯が溶ける
↓
修復される
が繰り返されています。むし歯菌が酸を大量につくり(酸に溶ける)が優勢になると、むし歯になって歯に穴が開いてしまいます。 フッ素は、唾液中のカルシウムが歯に付着するのをサポートする力があるので、初期のむし歯をもとにもどすこと(再石灰化作用)ができるのです。



関連記事
最新の研究が明らかにしたフッ素のはたらきと効果
フッ素は自然界からの贈り物です
フッ素でむし歯予防。いまや、世界の常識です
フッ素の使い方にはいろいろあります。
フッ素の使い方-局所応用法
やっぱり大切、まいにちの習慣