どうしてフッ化物でむし歯が防げるのでしょうか?
 フッ化物を歯に作用させると、歯の表面から取り込まれ、歯の結晶(アパタイト)の一部になります。フッ化物を含んだ歯の結晶は、普通の歯の結晶よりも丈夫になり、むし歯菌の出す酸に対してより強くなります。ですからフッ化物を適切に使うと、歯の表面が強くなり、むし歯になるのを防ぎます。
また、歯のエナメル質のまわりにフッ化物があると一度脱灰した部分の再石灰化を促進し、エナメル質の補修がしやすくなります。最近の研究では、この再石灰化促進力の方がむし歯予防効果としては大きいとされています。

フッ化物とシーラントの併用効果:新潟県弥彦小学校の例
 新潟県弥彦小学校では1970年より全児童のフッ化物洗口が行われてきました。1978年には保育園でもフッ化物洗口がはじまり、1989年には、4歳からのフッ化物洗口、6ヶ月ごとの定期検診、選択的応用シーラントの3方法で構成される「組み合わせむし歯予防プログラム」が開発されました。
 このプログラムを実践した7年後、1996年には児童全体の平均むし歯数は、10人でわずか1歯でした。9割以上の学童が治療済みも含めて、むし歯が一本もない状態(カリエスフリー)の永久歯列を獲得しました。




関連記事

フッ化物でむし歯予防
むし歯のはじまり
むし歯予防の基本
むし歯予防のポイント1
むし歯予防のポイント2
むし歯予防のポイント3
フッ化物をじょうずに利用する
フッ化物を塗るのは専門家が
むし歯予防のフッ化物は安全です。