歯を強くする最良の方法-フッ化物

フッ素とはどんなもの
 フッ素(元素記号[F])は、塩素やヨウ素などと同じハロゲン族元素の一つです。化合力が非常に強く、身の回りのある土や水、草や木などの植物、いろいろな動物はもちろんのこと、人間の身体にも例外なくフッ素は含まれています。
 私たちは、毎日食べ物や飲み物からフッ化物を身体にとり入れています。フッ素は、人間の身体、とくに歯や骨を丈夫にする有益元素です。
※フッ素元素の陰イオン(F-)の状態にあるものが含まれる化合物をフッ化物とよびます。

 1日に必要なフッ化物は、成人では1日あたり3~4㎎(0.05mg/㎏)とされています。毎日の食べ物や飲み物からとる量では、むし歯を予防するのに必要な量が不足しがちです。そこで、何らかの形でフッ化物を補う必要があるのです。




関連記事

フッ化物でむし歯予防
むし歯のはじまり
むし歯予防の基本
むし歯予防のポイント1
むし歯予防のポイント2
フッ化物のむし歯予防効果
フッ化物をじょうずに利用する
フッ化物を塗るのは専門家が
むし歯予防のフッ化物は安全です。