歯みがきをはじめるとき
 生後6ヶ月を過ぎると、乳歯が生えはじめます。このときから、歯みがきが必要になります。最初は前歯しか生えていないのでガーゼ等でふく程度でも大丈夫ですが、授乳をしたまま寝かせないことがポイントです。
 歯みがきが、自分である程度できるようになっても、8~9才くらいまではうまくみがけないので、汚れをきれいに落とすために、仕上げみがきが必要です

むし歯のできやすいところ
上顎前歯の歯と歯肉の境目(歯頸部)


じょうずな仕上げみがき
・お子さんをあお向けに寝かせ、頭をひざに乗せます。
・上下のくちびるを開き、よく歯が見えるようにします。
・楽しく、やさしく、みがきます。
・とくに、歯と歯ぐきのさかい目、歯と歯のあいだ、歯のかみ合う溝のなかに、汚れがたまりやすくなっています。
・歯ブラシは、ヘッドが小さく、毛先の短めのものを選びます。
・みがく順番を決め、みがき残しのないようにします。

フッ素はいつ頃塗るのでしょうか
 フッ素は、歯の表面のエナメル質を強くし、むし歯になりにくくします。歯が生えてきたときから塗りはじめてよいのですが、年齢に応じた利用方法がありますので、歯科医によく相談してください。




関連記事

わが子のために知っておきたい小児の歯科予防
歯の大敵「むし歯」は恐くない
健全な歯をつくる子育てのポイント
1歳6ヶ月から3歳まで
3歳のころ
初めて永久歯の生える6歳
永久歯のみがき方
健全な歯づくりQ&A