むし歯は、大切な歯の働きや形をそこなう、一番の大敵です。
歯についている細菌が、食べ物のカスにある糖分を養分にして、次第に歯を破壊しながらむし歯は進んでいきます。




そこで、むし歯ができるのを防ぐには、

1.強い歯をつくる
 栄養のバランスのとれた規則的な食事は、お子さんの健康で丈夫な身体をつくり、むし歯に対する抵抗力を高め、歯質のよい強い歯をつくります。

2.むし歯菌を減らす
 歯の表面に住みついている細菌は、300~400種類もいます。
またプラーク(歯垢:しこう)には、1㎎(湿重量)あたり1億個以上も細菌がいます。このうち、むし歯の原因となる細菌は、糖分を原料にして歯の表面をとかす強い酸を出します。歯みがきによって、こうした細菌をできるだけ少なくします。

3.甘いもののコントロール
 糖分は、むし歯菌の養分になりますから、甘いお菓子やジュースなど、糖分の多いものをできるだけひかえるようにします。




関連記事

わが子のために知っておきたい小児の歯科予防
健全な歯をつくる子育てのポイント
乳歯が生えはじめたら
1歳6ヶ月から3歳まで
3歳のころ
初めて永久歯の生える6歳
永久歯のみがき方
健全な歯づくりQ&A