Archives

You are currently viewing archive for November 2007
■ ホワイトニングは何回目で効果が出ますか?

Q.ホワイトニングは何回目で効果が出ますか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A.普通、1週間に1回、ホワイトニングを行い、最多で5回までです。
早く色の変わる人は、3~4回目くらいから変わりますが、変わらない場合でも6回以上は無理です。

■ ホワイトニングの治療費は?

Q.ホワイトニングの治療費は?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A.(1) オフィスブリーチング

ホワイトニングは保険適用にはならず、自費になります。
歯1本につき週1回¥2,000で、最多の5回行った場合 ¥10,000になります。
ほとんどの場合4、5回で白くなります。
例えば、仮に上の前歯2本にホワイトニングを行う場合、3回目で変われば、合計¥12,000(¥2,000×2本×3回)で済みますが、最多の5回の時は、合計¥20,000(¥2,000×2本×5回)かかります。


(2) ホームブリーチング

トレー代+薬液を含めて
片顎の場合 ¥30,000
両顎の場合 ¥50,000
個人の口に合わせたトレーを作ってお渡しし、ご自宅でホームブリーチングをしていただきます。

■ インプラントの治療費は?

Q.インプラントの治療費は?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A.費用はインプラント治療する歯の数や材質、制作にかかる技術によって異なります。
おおよそ40万ぐらい(消費税を含む)必要だとお考えください。

■ インプラントの寿命はどのくらいですか?

Q.インプラントの寿命はどのくらいですか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A.どのくらいもつかは、歯にかかる負担の度合いや、かみ合わせ、定期健診の回数などに左右されます。
本来、チタン製のインプラントはとても丈夫です。
患者さんの中には、25年間使い続けている方もいらっしゃいます。
しかし、日々のブラッシングを怠ると、ご自身の歯が歯周病などでぐらつき、インプラントに負担がかかって寿命が短くなることがあります。
インプラントを長持ちさせるためには、毎日のブラッシングと定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

■ インプラント治療は痛くないでしょうか?

Q.インプラント治療は痛くないでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A.手術という言葉から、恐怖心を抱く患者さんが多くいらっしゃいますが、安心してください。
通常、局所麻酔をして行いますので、痛みを感じることはありません。

■ どんな人がインプラント治療を受けられるのですか?

Q.どんな人がインプラント治療を受けられるのですか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A.基本的には、年齢等に関係なく、治療が受けられます。歯が一本だけ抜けた人や、全部抜けた人など、さまざまなケースに適用できます。
ただし、あごの骨がやせてしまっている方は術前に適切な処置が必要です。
また、妊娠中の方や重度の糖尿病患者さん、または喫煙者などは、一部治療が受けられない方もいらっしゃいますので、医師との相談が必要です。

■ 矯正治療は保険が効くのですか?

Q.矯正治療は保険が効くのですか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A.現行の保険制度では、
(1)唇顎口蓋裂の人の矯正治療 
(2)アゴを切る手術を伴う矯正治療
の2つのケース以外では、保険が適用されません。

■ いつ頃から矯正治療を受けたらいいのですか?

Q.いつ頃から矯正治療を受けたらいいのですか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A.矯正治療は、年齢を問わず治療を受けることが可能ですが、永久歯が生え始める頃までなら様子を見ましょう。
そして、永久歯が生え始める頃(6歳~7歳)に一度、矯正治療の専門医のチェックを受けることをお勧めします。
受け口、出っ歯など、成長を阻害するような噛み合わせは、早期に治す必要があります。
成人の矯正治療は特に時期的な制限はありません。ただ、年齢が高くなるにつれて歯の動きが悪くなり、治療期間が長くなってしまいます。
開始時期は年齢、歯並びやあごの状態など様々ですので、お気づきになられたときは、お早めに専門の医院にご相談ください。

■ 歯並びが悪いのですが、放っておくと、どうなるのでしょう?

Q.歯並びが悪いのですが、放っておくと、どうなるのでしょう?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A.歯並びの悪さは、噛み合わせそのものが悪い状態であると言えます。本人のコンプレックスといった、見た目の悪さだけではありません。
磨きにくい歯は、虫歯になりやすくなり、歯周病に発展する恐れがあります。歯並びにより舌の動きが阻害されてしまうと、発音が正しくできなくなる場合もあります。
噛み合わせの異常は、不正咬合と呼ばれ、顎関節症、肩こり、腰痛など、心身にさまざまな異常をきたします。
自覚症状がある場合には、できるだけ早めの治療が好ましいでしょう。