患者さまへの治療の負担を少しでも減らし、安心して治療をうけていただくため
当院では様々な最新設備を備えています。
ここでは当院が導入しているその最新機器の数々をご紹介します。

唾液検査用装置
スポットケムST ST-4910


◇多項目を簡便に測定
 歯の健康・歯ぐきの健康・口腔清潔度の指標となる7項目を一度に測定できます。
◇わかりやすい結果出力
視覚的にせつめいしやすいレーダーチャートなどで結果を出力します。
 唾液検査用装置装置 スポットケムST ST-4910


デジタルX線「Asahi Digital Radiography」  痛みの少ないレーザー治療
「アーウィン アドベール」


多くのレーザー波長の中で、歯科医療にEr:YAGレーザーが最もふさわしいと言われる理由は、水への高い吸収性にあります。Er:YAGレーザーは、水を含んだ生体組織に対する蒸散能力が高く、表層にのみ反応が起こり、熱の発生が微小なため、痛みが非常に少ないという特徴があります。


歯科用アーム型X線CT診断装置 (ASAHIROENTGEN社)

一般的な医科用CT(MDCT)は、多方面からのエックス線を扇状(ファンビーム)に照射しますが、 歯科用CTでは円錐状(コーンビーム)のエックス線を照射して撮影します。 従来の医科用CTに比べて、高解像度・被曝線量が少ない・金属アーチファクトが少ない、などの利点があります。
 歯科用アーム型X線CT診断装置 (ASAHIROENTGEN社)


デジタルX線「Asahi Digital Radiography」  デジタルX線
「Asahi Digital Radiography」


患者さまの体への影響を最小限にするためのデジタルレントゲンです。
従来のレントゲン撮影に比べ最大1/10のX線照射線量でクリアな画質が得られます。撮影後はすぐにコンピュータの画面に映し出されます。


診察台ごとに設置されたコンピュータ画面

X線画像処理システムにより現像する必要がなく、デジタル画像はすぐに映し出されます。患者さまは各診察台ごとに設置されたコンピュータ画面によって、ご自分のX線画像を随時ご覧になれます。
これによりカウンセリングと治療をよりスムーズに行うことができます。
 X線画像処理システム


CO2レーザー CO2レーザー

レーザーとは、人工的に光を作り増加させ、放射した光のことです。このレーザーが持つ効果「鎮痛」「殺菌」「消毒」「止血」「消毒」「殺菌」などの利点を生かしたのがレーザー歯科医療機器です。
通常の治療に加えてレーザー治療を併用することで、症状の早期改善が可能です。


口腔内カメラ

口腔内カメラはボールペン大の大きさで、 口の中へ近づけると、リアルタイムにコンピュータの画面にカラー映像として映し出すことができます。患者さん自身が、自分の歯の様子をご覧になれます。
 口腔内カメラ


オーラスター 電動注射器「オーラスター」

オーラスターという電動の注射器を使用する事によって、麻酔薬を弱圧で出来るだけゆっくりと一定の量ずつ注入しますので、患者様がほとんど痛みを感じず麻酔効果が得られます。


空気清浄装置「エアロシステム35MD

微粉塵、細菌類を除去して清潔で安心できるクリーンな環境を造り、院内感染を予防できます。
 空気清浄装置「エアロシステム35M」


超酸性水生成器 超酸性水生成器

超酸性水はMRSAやHIV、B型、C型肝炎ウイルスを瞬時に殺菌でき、安全性が高く、地球環境に優しい殺菌方法です。
ウイルス保菌者(ウイルスは血液や唾液に含まれています)から健全者への感染を未然に防ぐことができます。




印象材自動練和器

型をとる時のピンク色の材料(アルジネート印象材)は、通常水と粉を手でまぜて作りますが、当院では、練る人によって品質が変化することをさけるために自動練和器を使用しています。
 印象材自動練和器


OMRON 生体モニター OMRON 生体モニター

患者様のバイタルサインを見える化し 治療に行うドクター、看護師に患者様の状態をいち早く知らせいと安心安全を再優先に効果的な治療うために使用する機器です





診察時間・アクセスマップはこちら
インプラント・レーザー治療・ホワイトニング・矯正治療についてはこちら
尾崎歯科医院 尾崎院長のプロフィールはこちら