「ひみこのはがいーぜ」
しっかり噛むことは顎や歯の発達ばかりでなく、全身の健康に大きく影響してきます。
その効用を端的に表現したのが「ひみこのはがいーぜ※」です。
※学校の食事研究会/阿部祐吉

ひ:肥満防止
健康な歯でおいしい食べ物を楽しくたべることは、とても大切です。
み:味覚の発達
噛むということは味わうということです。味覚も噛むことで発達します。
こ:言葉の発音がはっきり
噛むことで顔全域の発達や口腔内が正常に発達し言葉の発音も明瞭になります。
の:脳の発達
噛むことによる筋肉運動で脳細胞の代謝や活動が活発になり、脳への血液循環もよくなります。



は:歯の病気予防
噛むことで歯を支えている歯周組織や顎が発達するばかりか、歯の清掃効果も生まれます。
が:がん予防
よく噛むことで唾液が促進され、唾液としっかり噛んで粉々になった食べ物を混ぜることで、食品中の発がん性が抑制されます。
い:胃腸の働きを促進
食品を噛み砕くことで胃腸への負担を和らげ、健全に胃腸の働きを活発にします。
ぜ:全身の体力向上
しっかり噛むことで全身に力がはいり体力向上の促進になります。


ふだんの食事でどのくらい噛んでいますか。
食事のときに注意してお子さんの咀嚼回数を数えてみてください。また、「さっさと食べなさい」とか、咀嚼を阻害するような言葉を使っていませんか。ゆっくり時間をかけてたべることも、噛むことに通じます。
ちなみに、しっかり噛むための目標は、ひと口で30回、一度の食事で1500回です。





関連記事
かまない・かめない子供たちが増えています。
しっかり噛んで長生きしましょう。