---専門家と相談して、上手に利用しましょう

フッ素には、いろいろな使い方があります。
大きくわけると<全身応用法><局所応用法>の2つになります。
ここでは現在、日本で行われている、歯の表面から直接フッ素を作用させ、むし歯予防効果をはかる<局所応用法>について説明したいと思います。




フッ素は一生利用できるものです
子どもだけのものではありません

歯は、生え始めてからの数年間がもっともむし歯にかかりやすいのですが、とくに乳歯の生えはじめる乳幼児ごろから、永久歯が生えそろう15歳ごろまでが最も重要な時期といえるでしょう。
しかし、フッ素の利用は乳幼児だけのものではありません。子どもから大人まで、ライフステージに応じてさまざまに利用できます。
年齢と場面に応じたフッ素利用



関連記事
最新の研究が明らかにしたフッ素のはたらきと効果
フッ素は3つの働きでむし歯を予防します
フッ素は自然界からの贈り物です
フッ素でむし歯予防。いまや、世界の常識です
フッ素の使い方-局所応用法
やっぱり大切、まいにちの習慣