5~6才になると下の歯がぬけかわり新しい永久歯がはえてくるのに前後して、口の中の一番奥に大きな永久歯がはえてきます。この歯を六才臼歯(第一大臼)といいます。
六才臼歯の大切なわけ

永久歯がはえそろった大人になるとこの歯が咬むための中心的な存在となります。歯の大きさも、ものを咬む力も、最も強い歯なのです。生涯を通じて一番大切な歯となるのです。六才臼歯は歯の王様です。
 
六才臼歯がむし歯になりやすいわけ
●乳歯とぬけかわらず一番奥にいつのまにかはえてくるので気づかないことが多く、そのため歯みがきがおろそかになってしまう
●はえたての歯はむし歯にかかりやすい性質がある
●他の歯と比べて咬む面の溝が深く、たべかすがたまりやすい
六才臼歯のむし歯予防のポイント
●出たての六才臼歯は乳歯より一段低い位置にあるので、歯ブラシを口の真横から入れて、溝の中のかすや歯の周囲を念入りにみがいてあげます
●他の歯とは区別して特別扱いしてあげてください
●仕上げみがきはお母さんが子供の頭をかかえてうしろからやってあげてください
●はえかわった前歯と乳歯の奥歯の歯みがきも忘れずに


 
Q.シーラントとはどのようなものでしょうか?
A.歯のかむ面の溝には、かすがたまりやすく、これが原因でむし歯になりやすいのです。この溝に歯をけずらずに樹脂をつめて、むし歯を予防するのです。六才臼歯はとくに溝が深いので効果的です。つめたあとに、はがれたりする場合もありますので、定期的にチェックをしてもらってください。
 
Q.ぬけかわったおとなの前歯がまがっているのですが、すぐ治した方が良いでしょうか?
A.はえたての永久歯はいく分まがっているのが普通です。はえるスペースが充分ある場合は自然にきれいに並んできます。あごの発育が悪い場合には、まがったままになっています。この場合には前歯4本がはえそろった時点で歯医者さんで相談してみてください。