女性のライフステージは女性ホルモンの消長によって大きく左右されます。わが国は世界一の長寿国となりましたが、このことは更年期以降の生活の質の向上が重要なテーマとなることを意味しています。
 口腔が健康であることも、生活の質の維持・向上のために絶対不可欠な条件のひとつです。食事がおいしく楽しめるということは、一見、平凡なことのように見えますが、実は非常に重要なことなのです。女性の各ライフステージとお口の症状について、その特徴を下記の表のようにまとめました。老後の幸せな生活のためにも、若い時期からの賢明なお口のお手入れを心がけてください。










ライフステージ
歯周病
原因
局所における変化









・思春期の歯肉炎・女性ホルモンの分泌
・プレボテラ・インテルメディア菌の局所での増加
・歯肉の腫れ(炎症性変化)
・バイオフィルム(プラーク)に過剰に応答
・侵襲性歯周炎
 (若年性歯周炎)
・遺伝的背景・第一臼歯と前歯部の骨吸収
・みかけの炎症症状は少ない
・侵襲性歯周炎
(重度進行性歯周炎)
・女性ホルモン分泌の変化
・遺伝的背景
・歯肉の炎症症状が著明
・急速な歯槽骨の吸収
・歯の動揺


・妊娠期の歯肉炎・女性ホルモン分泌量増加
・プレボテラ・インテルメディア菌の局所での活動が活発になる
・歯肉の炎症性変化
・妊娠腫
・妊娠8ヶ月頃まで炎症著しく、9ヶ月頃から消退


・慢性歯周炎
(さまざまな危険因子や全身疾患の影響を受ける歯周炎)
・喫煙、ホルモン分泌量の変化、ストレスなどの影響
・糖尿病などの全身疾患の影響
・服薬の影響
・定期的な歯周炎の症状に加えて全身疾患の影響が歯肉や歯周組織に反映される
・服薬の副作用として歯肉の腫張や口渇症状
・更年期性歯肉口内炎
・慢性歯周炎
・歯根露出に伴う 問題
・女性ホルモンの分泌量の減少
・カルシウムの吸収率低下
・顎骨の骨減少症
・歯の喪失傾向の増大


歯周病が及ぼす口腔のリスク

歯周病を持つ妊婦は低体重児出産
 する可能性が大きくなります
胃潰瘍を起こすピロリ菌は唾液や
 プラークの中にも存在します
低体重で生まれた赤ちゃんは虫歯
 にかかりやすく進みも早いことが分
 かっています
歯周病は直接的にも間接的にも心
 臓病に関係します
歯周病を持つ妊婦では早産の可能
 性が7.5倍もあります
糖尿病とも密接な関係があります
近年歯周病は、糖尿病の第6番目の
 合併症といわれています
歯周病(口腔の不潔)は肺炎を起こ
 すこともあります
歯周病を持つ人の血管はそうでない
 人の2倍以上血管壁が厚くなっています


女性のためのオーラルケア12条


1、オーラルケアの基本は、プラーク・コントロール(バイオフィルムの機械的除去)です。
2、バランスのとれた食事を楽しい雰囲気でよく噛んで食べましょう。
3、女性の生涯には、病気の感受性の高くなる時期があることを理解しましょう。
 そのような時期には、リスクに応じたケアが必要です。
4、むし歯や歯周病に自分がどれだけかかりやすいか(リスク)を知りましょう。
5、タバコは毒の缶詰です。タバコを吸っている方は、ぜひ禁煙しましょう。
6、骨粗しょう症予防のために、無理なダイエットはやめましょう。
 若い時期から骨密度の維持を心がけましょう。
7、「歯ぎしり」と「くいしばり」に注意しましょう。
8、固いものをよく噛んで食べることは歯の健康のためによいことですが、骨髄(神経)を取ってかぶせ
 ものをした歯がたくさんある人は、歯根の破折に注意しましょう。
9、フッ化物入り歯磨剤やキシリトールガムなどをかしこく利用しましょう。
10、自分が服用している薬剤について、充分な知識をもちましょう。
  とくに口腔にあらわれる副作用に注意して下さい。
11、高齢者の誤燕性肺炎に注意しましょう。
12、信頼できるかかりつけ歯科医院を決め、定期的にメインテナンスを受けましょう。むし歯や歯周病
  になってから通院するのではなく、口の病気を発症させないために歯科医院を利用したいもので
  す。