歯周病予防に最も大切なことは、自分自身で行う継続的な努力です。
 ていねいなブラッシングは歯周病予防の基本です。そして歯周病にかかり、歯科医師に治療を受けたあとでも、ブラッシングを行えば、再発を防ぐことができます。
 最も大切なのは、何よりも『自分で歯周病を防ぐ』という意志であって、歯科医は、患者さんのお手伝いができるだけなのです。




関連記事

歯周病とはどんな病気
歯周病を悪化させない生活習慣の改善