フッ化物の利用には、いろいろな方法があります。さまざまな方法を組み合わせて行うと、いっそう効果があります。年齢と場面に応じたフッ化物の利用方法をあげてみましょう。

 
むし歯になりやすい時期
フッ化物利用の効果が大きい
 
 
フッ化物溶液で口をすすぐ
(フッ化物洗口)
低い濃度のフッ化物溶液で口をすすぎ吐き出します。
フッ化物塗布
歯に直接
フッ化物を塗る
歯科医師・歯科衛生士が歯に直接フッ化物を塗ります。比較的高い濃度のフッ化物を使います。 
フッ化物塗布
歯に直接
フッ化物を塗る
フッ化物入歯みがき剤を使う
家庭で歯をみがくとき、フッ化物入り歯みがき剤をつかう
 
フッ化物溶液で口をすすぐ(家庭でのフッ化物洗口)
フロリデーション(水道水のフッ化物濃度適正化)
地域に住むすべての人が利用できます。効果の点でも経済的にも優れた方法です。
わが国ではまだ実施されていませんが、
近い将来の実施に向けて検討が進められています。


 そのほかにも、フッ化物入りスプレーや、わが国では実施されていませんがフッ化物補充剤・フッ化物添加食塩などがあります。


関連記事

フッ化物でむし歯予防
むし歯のはじまり
むし歯予防の基本
むし歯予防のポイント1
むし歯予防のポイント2
むし歯予防のポイント3
フッ化物のむし歯予防効果
フッ化物を塗るのは専門家が
むし歯予防のフッ化物は安全です。