人の口の中には多くの細菌が住んでいます。その中のミュータンス菌などのむし歯菌が、糖分を養分にしてネバネバした物質をつくり、その中でむし歯菌が増殖し、プラーク(歯垢)をつくります。
  
飲食をすると、その直後からむし歯菌が糖分から酸をつくりだして、プラークが酸性になります。このとき歯の表面(エナメル質)を溶かし、カルシウムやリン酸が奪われます。この反応を脱灰といいます。
 
しばらくするとだ液の働きにより、酸が中和され、カルシウムやリン酸が歯の表面(エナメル質)に再び戻ってきます。これを再石灰化といいます。


飲食のたびに脱灰と再石灰化が繰り返され、脱灰が優性になると、再石灰化が追いつかなくなり、むし歯へと進行していきます。

三つの要因でむし歯ができる
 むし歯は、三つの要因が重なった状態のまま時間が経つと次第に進行していきます。
 むし歯予防には、下図の内容を意識的にコントロールすることが大事です。





関連記事

フッ化物でむし歯予防
むし歯予防の基本
むし歯予防のポイント1
むし歯予防のポイント2
むし歯予防のポイント3
フッ化物のむし歯予防効果
フッ化物をじょうずに利用する
フッ化物を塗るのは専門家が
むし歯予防のフッ化物は安全です。