Q1 生えはじめの歯はなぜむし歯になりやすいのでしょう。
A1 歯は、唾液に含まれているカルシウムやリン、フッ素などが、表面のエナメル質からとけこんで、次第に硬くなります。また歯の内部でも、変化がおこってきます。ですから、生えはじめたばかりの歯は、未完成な状態なのでむし歯になりやすいのです。

Q2 おやつにはどんなものがよいのでしょう。
A2 お子さんの身体と歯の成長を助けるものを選びます。おやつは第4の食事であり、甘いものである必要はなく、軽食などでもOKです。できれば歯につきにくいものにしてください。

Q3 歯ブラシはどんなものを選べばよいのでしょう。
A3 お子さんが、口の中で歯ブラシを自由に動かしやすい大きさで、使いやすく、力を入れてみがけるよう小さめなサイズで、毛先も短めなものを選びます。わからなければ、歯科医に相談してください。

Q4 フッ素はどんばはたらきをしますか。
A4 フッ素には硬くて丈夫な歯をつくるはたらきがあり、むし歯になりにくくします。フッ素を塗る方法や、口をゆすぐ方法、フッ素入り歯みがきを使う方法があります。詳しいことは、相談してください。




関連記事

わが子のために知っておきたい小児の歯科予防
歯の大敵「むし歯」は恐くない
健全な歯をつくる子育てのポイント
乳歯が生えはじめたら
1歳6ヶ月から3歳まで
3歳のころ
初めて永久歯の生える6歳
永久歯のみがき方