6歳臼歯
 6歳ごろになると、乳歯の奥歯のさらに奥に最初の永久歯が生えてきます。この歯の名前は、第一大臼歯で、一番大きくかむ力が最も強い大切な歯です。また6歳ごろに生えるので「6歳臼歯」とも呼ばれています。

6歳臼歯は、むし歯になりやすい
 6歳臼歯は、最も大切な歯なのに、むし歯になりやすい歯です。それは、次のような理由があるからです。
・奥に生えてくるので、最初は気がつきにくい。
・歯のかみ合わせの面の溝が深く、カスがたまりやすい。
・奥に生えるので歯みがきがしにくい。
・生えたての歯は、歯質が未熟なためむし歯になりやすい。

6歳臼歯
矢印部分は6歳臼歯が生えはじめたところです。

前歯2本も永久歯の頭が出はじめています。



6歳臼歯のむし歯予防
6歳臼歯のむし歯予防には、本人、お母さん、歯科医の協力が必要です。

・念入りに磨く
 小さめの歯ブラシを横から入れて一本みがきで、かみ合わせの面を特にていねいにみがきます。またお母さんも、仕上げみがきをしっかり手伝ってください。
・歯科医に予防してもらう
 まず生え方に合わせて、フッ素をぬってもらいます。また必要があれば、フッ素入りのセメントを溝にすり込み、汚れるのを防ぎます。完全に生えたあと、セメントをはずし、樹脂をつめるシーラントをしてもらいます。

こんなときは歯科医に相談を
・6歳臼歯がなかなか生えない
・6歳臼歯が痛い
・前歯がななめに生えたり、かみ合わせがおかしい
・永久歯の形や色がおかしい




関連記事

わが子のために知っておきたい小児の歯科予防
歯の大敵「むし歯」は恐くない
健全な歯をつくる子育てのポイント
乳歯が生えはじめたら
1歳6ヶ月から3歳まで
3歳のころ
永久歯のみがき方
健全な歯づくりQ&A