3歳になると、3歳児検診があります。歯の健診も、歯科医が20本の乳歯が生えそろい、かみ合わせがきちんとできているか、またむし歯になりやすいのか、などをチェックします。
 3歳児のむし歯の状況をみると、これから先の歯の状況を予測することができます。そうした意味でも、改めて歯の健康や育児の方法を見直すよい機会になります。

3歳正常な乳歯


むし歯のできやすいところ
乳臼歯咬合面(2-4歳頃)


歯と育児を見直す
・食事の内容ととり方は適切か
・歯のみがき方は正しいか
・おやつや飲み物の選び方、与え方は適切か
・規則正しい生活習慣が身についているか
・親と子の関係はうまくいっているか

ホームドクターをつくる
 信頼できる、かかりつけの歯科医をもち、定期的に検診を受けることで、適切な指導を受けたり、わからないことを気軽に相談できます。




関連記事

わが子のために知っておきたい小児の歯科予防
歯の大敵「むし歯」は恐くない
健全な歯をつくる子育てのポイント
乳歯が生えはじめたら
1歳6ヶ月から3歳まで
初めて永久歯の生える6歳
永久歯のみがき方
健全な歯づくりQ&A