・おなかに赤ちゃんがいるとき
栄養バランスのよい食事を心がけます。

・母乳を中心に育てる
乳を吸う運動は、かむ運動の基礎になります。できるだけ母乳で育て、人工栄養(粉ミルク)にたよりすぎないことが大切です。

・離乳食がとても大切
栄養バランスのよい食事を心がけます。味つけは薄く、甘いものを与えすぎないようにします。

・乳歯を大切にする
乳歯は、永久歯が健全で正しい歯ならびで生えるためのリード役です。生えかわるからと、安心してはいけません。むし歯や歯ならびには、ふだんから注意をします。

・2歳すぎたら指しゃぶりをなおす
2歳すぎても指しゃぶりがなおらないときは、歯ならびやあごの形に影響を与えますから、徐々になおしていきます。

・規則正しい生活習慣を身につける
早寝早起きの習慣を身につけ、楽しく毎日の食事ができるようにします。

・栄養バランスのとれた食事を
歯のためによい、カルシウムやその他栄養バランスのとれた食事にする。
歯ごたえのある食べ物を多くします。

・おやつは、時間と量を決めて
おやつは、3回の食事でとりきれない栄養を補います。甘いお菓子やスナック菓子、ジュースや清涼飲料水ばかりにたよらないようにします。

・よくかむ習慣を身につける。
栄養を全身に送るためのスタートは、食べ物をかみ砕いて飲み込むことからはじまります。
よくかむことが、健康な体づくりのスタートです。
よくかむことで、歯は丈夫になり、あごの発達をうながします。

・歯みがきの習慣を身につける
歯が生えたら、すぐ歯ブラシに慣れるようにします。また食事のあとは、できるだけ歯をみがくようにしましょう。自分で歯をみがくようになったら、最初はお母さんが仕上げみがきを手伝います。




関連記事

わが子のために知っておきたい小児の歯科予防
歯の大敵「むし歯」は恐くない
乳歯が生えはじめたら
1歳6ヶ月から3歳まで
3歳のころ
初めて永久歯の生える6歳
永久歯のみがき方
健全な歯づくりQ&A