1歳6ヶ月になると、上下の前歯12本と奥歯4本の乳歯が生えてきます。また保健所での1歳6ヶ月健診があります。このとき、心身の発達をチェックしますが、歯についても、生えている歯の数と種類、むし歯や汚れの状態、かみ合わせの状態などをチェックします。
 この時点でむし歯をもっているお子さんは少ないのですが、3歳児になると、むし歯がとても増えています。

むし歯のできやすいところ
上顎前歯の歯と歯の間(歯間部)



1歳6ヶ月
正常な乳歯



このあいだに、とくに気をつけてほしいのは、次のような点です。

・食生活の注意
 甘いお菓子やジュース、清涼飲料水などを、だらだらととらないようにしましょう。
・哺乳びん
 もう哺乳びんは、卒業させてください。
・歯科医院で健診と相談を
 むし歯がないうちに、歯科医に健診を受けましょう。
 むし歯になってから歯科医院に行くよりも、一本もむし歯がないときから相談し、
 食生活の改善や歯みがきの指導を受けてください。
 そのほかにも、心配なことがあれば、いろいろな相談にのってくれます。




関連記事

わが子のために知っておきたい小児の歯科予防
歯の大敵「むし歯」は恐くない
健全な歯をつくる子育てのポイント
乳歯が生えはじめたら
3歳のころ
初めて永久歯の生える6歳
永久歯のみがき方
健全な歯づくりQ&A