妊娠中はエストロゲン(女性ホルモン)の増加や内分泌の変調になり、歯肉が赤くなり、腫れやすくなります。ときに、歯肉から出血することもあります。

歯肉炎の症状が進行すると、お口の中に増殖性の腫瘤ができることがあります。大きさは2~数cmで、妊娠3ヶ月頃から発症して、出血しやすくなります。

妊娠すると、
①口の中の唾液が酸性になり粘っこくなる。
②つわりなどで食事の回数が増えて、口の中が汚れやすくなる。
などで、むし歯になる危険性が増加します。

とくに近年、母親が中等度から重度の歯周病(歯肉炎の進行した状態)にかかっていると低体重児を出産しやすくなり、喫煙やアルコール摂取よりも大きな影響を及ぼすといわれています。

■妊娠中の栄養と歯について
栄養の保持に努めよう
妊娠すると内分泌の変調やビタミン代謝の障害などになり、栄養障害が起きやすくなります。それによって、お口の中に障害が発生したり、胎児の歯の形成にも影響を及ぼす可能性もあるので、つねにバランスのよい食事を心がけましょう。
妊娠中不足しがちなビタミン類
妊娠中はビタミンA,B,C,Dが不足しがちです。とくにビタミンBの不足は歯周組織に悪影響与え、歯肉炎を悪化させてしまいます。必要以上に気にすることはありませんが偏食は避けましょう。
妊娠初期は胎児のためにも
妊娠初期に胎児の歯の形成がはじまるので、栄養には十分に注意します。とくに、たんぱく質、りん、ビタミンA,Dなどが歯には大切ですので、肉、魚、卵、乳製品、緑黄色野菜などを、しっかり摂りましょう。
■妊娠したら、歯科医院に行こう!
妊娠したら歯の健康診断を受けましょう
歯や歯肉の病気は、最初のうちはあまり気がつかないものです。とくに、妊娠中はお口の中の健康が悪化しやすいので、妊娠したら早期に歯科医院で健康をチェックしてもらいましょう。
歯医者へ行ったら・・・
必ず妊娠していることを歯科医師に告げてから診察を受けましょう。その際に、最終月経や妊娠週数、出産予定日を告げてください。妊娠中の治療で最適な時期は、妊娠4ヶ月から7ヶ月の間です。この時期はいわゆる安定期で、流産の危険も少ない時期です。
■X線検査と投薬について
レントゲン(X線)撮影
妊娠中はできるだけを避けるべきです。ただ、どうしても治療上必要であれば、妊娠4ヶ月以降の安定期に、プロテクターを使用して安全性を確保したうえで行ってください。
薬物の使用
レントゲン撮影同様に使用しないのが最善ですが、治療上必要な場合は慎重に使用しましょう。
抗生物質
妊娠8週以内は、胎児奇型の発生に影響するので避けたほうがよいでしょう。
比較的安全な抗菌剤は「ペニシリン系」「セファム系」「マクロライド系」で、常用量で4~5日までの服用とします。
鎮痛剤
動脈管収縮作用の強い薬剤を避けましょう。比較的安全な鎮痛剤でも、頓服として1日1~2回までの服用がより安全です。(例/アセトアミノフェン、フェナセチン、塩酸チアラミド)
■妊娠中の歯科治療Q&A
Q1:親知らずが痛みだしたのですが?
A1:まず、歯科医院で診察を受けましょう。
分娩後まで延期できるようであれば応急処置にとどめますが、抜歯が必要であれば安定期(4ヶ月末~7ヶ月)に処置を行うべきです。
できれば、妊娠前に歯科検診を受け、必要な処置はすませておきましょう。
Q2:麻酔は大丈夫ですか?
A2:必要最少量の使用にとどめるのはもちろんですが、通常の歯科治療で使用量は問題ありません。麻酔時の痛みを最小限にしてストレスを避けるようにしてもらいましょう。
Q3:治療で仰向けになると苦しいのですが?
A3:妊娠末期には仰向けの姿勢を長く続けると、子宮が下大静脈を圧迫するため血圧が低下することがあります。身体を左に傾けることによって和らぎますが、治療の際は完全な水平位ではなく、座った姿勢で行ってもらいましょう。
Q4:授乳中なのですが薬は大丈夫ですか?
A4:なるべく薬剤を投与しないことが望ましいのですが、抗生物質が母乳を介して新生児へ移行する量は微量なので、常用量で短期間なら問題ないと考えられています。もし可能であれば、服用中のみ一時的に粉ミルクなどの人工哺乳に変えるのもよいでしょう。